bullet020.gif2005年08月14日

■ 「質より量」と「量より質」 ■

どちらの主張についても、組織や社会に適用する場合にはデメリットがある。

「質より量」を重視してしまうと粗悪なものの氾濫が良質な少数のものを
圧殺してしまう可能性がある。

「質より量」を重視してしまうと良質なものに発展していく可能性のあるものを
その芽が出る前に刈り取ってしまう可能性がある。


どちらの問題も「可能性の問題」であるが、この問題で一番問題なのは
どちらの論者も自らの主張する論のデメリットを軽視しがちな事である。

posted by ウィル at 23:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | メモ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。